看護師 パート 求人

自分の勤務の前のスタッフのミスを自分が発見した時・・・。でもミスのインシデントを書くのはミスを発見した側・・・。前のスタッフのミスを次の勤務者が被るってキツイですね。

医療の現場で働いているからには、ミスは患者さんの命に関わる可能性もありますから、
ミスをしないように常に気を付けています。
しかし、完全に防ぐというのはとても難しい事です。
私達は、ヒヤリハットやインシデントが起きた時に、報告書を作成する事によって、なぜそのような事が起きたのか原因を究明して、
2度と同じミスを起こさないように、スタッフ全員で対策を取っています。
スタッフ全員に周知する事で、そのような危険性があるのだという事を理解する事ができます。
それはとても大切な事です。

 

でも、インシデントを書くのはとても気が重いんです。
特に、他のスタッフのインシデントを発見した時には、とてもキツイんです。
インシデントは、発見した人が作成するので、自分がミスを起こしていなくても、発見者となった場合は、
自分の名前で書かなくてはいけません。
何だか、自分がミスを起こしたような、自分が悪いみたいな気分になります。
それに、他人のミスを発見した事で、そのスタッフにも気を使ってしまいますし、
人のミスの粗探しをしているような気分になる時もあります。
報告書には、原因を書く欄があるんですが、そこに、注意不足とか記載するのは、ちょっと気が引けてしまいます。
患者さんの命が関わっていますから、医療ミスを防ぐ為にインシデントはとても重要だという事は、もちろんわかっています。
でも、インシデントが起きた時には暗い気持ちになってしまいます。
2度と同じミスを繰り返さないようにする為には、そのくらいの重い気持ちになる事が必要なのかも知れません。
この重くてキツイ思いが、医療ミスを防止する事に?がっているんだと思います。
ミスは、仕事に慣れた時にも起こしやすいので、常に注意が必要です。